3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

弘明寺と地元商店街が「消防相互応援協定」結ぶ まちぐるみで重文守る

  • 146

  •  

 重要文化財(木造十一面観音立像)を保有する弘明寺と、隣接する弘明寺商店街協同組合が8月20日、消防相互応援協定を締結した。重要文化財を保有する施設と地域商店街が協定を締結するのは県内初。

商店街から弘明寺へ風水害寺に活用するブルーシートを寄贈

 協定により、弘明寺が火災や震災風水害等で被災した場合、商店街が重要文化財等の保護活動を可能な範囲で実施。併せて、商店街が地震等の災害で被災した際に寺院の一部を可能な範囲で一時避難場所として開放する。

[広告]

 火災だけでなく、震災や風水害時を含めた協定は全国的にも珍しいという。商店街理事長の長谷川史浩さんは「貴重な弘明寺の文化財を火災のみならず、風水害、震災などからも守っていきたい」と話す。

 昨年ノートルダム大聖堂火災や首里城跡火災などの重要文化財の火災が続き、施設や地域における災害発生時の消防応援協力体制づくりの強化が求められていることから、今回の協定が実現。協定締結式では商店街から弘明寺へ風水害寺に活用するブルーシートを寄贈した。

 弘明寺住職の美松寛昭さんは「貴重な重要文化財などの文化財を商店街や地域の力を借りて守っていきたい。商店街の皆さんが震災などで被災した際は、寺院の施設を一時開放したい」と地域貢献を含めた日頃からの連携についての意気込みを語る。

 協定締結に立ち会った小出健南消防署長は「協定が実りあるものとなるよう、南消防署、南消防団はこれまで以上に全面的に支援していきたい」とコメントした。

 弘明寺では毎年、1月26日の文化財防火デーの付近の日程で消防訓練を重ねている。今年の訓練は「参拝者が多数いる弘明寺観音本堂から出火し、重要文化財保管場所に延焼する恐れがあり、本堂に逃げ遅れた参拝者がいる想定」で実施した。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?