天気予報

15

12

みん経トピックス

馬車道に横国の大学院横浜ZAIMが全館フェス

「ハバネロ」を使った激辛発泡酒を全国発売へ-横浜ビール

  • 0
「ハバネロ」を使った激辛発泡酒を全国発売へ-横浜ビール

4月1日から全国発売される「ハバネロエール」

写真を拡大 地図を拡大

 横浜ビール(横浜市中区住吉町6 TEL045-640-0271)は4月1日から、「世界で最も辛い」といわれる唐辛子「ハバネロ」を使った「ハバネロエール」を全国販売する。

 同商品は、昨年の「インターナショナルビアコンペティション」(主催=日本地ビール協会)で「スペシャルティビール部門」の最優秀賞を獲得した発泡酒で、横浜市内の飲食店では以前から先行販売されていた。全国からの問い合わせや全国発売の要望も多く、このほど瓶による全国販売に乗り出した。

 原材料にハチミツを使用しており、口に入れた瞬間は甘さが口のなかに広がるが、徐々に辛さが込み上げてくるのが特徴。そのほか、ジンジャーなども含まれており「ただ辛いだけの発泡酒ではない」(担当者)という。330ミリリットル入りで価格は473円。醸造所に併設する横浜ビール直営のレストラン「驛(うまや)の食卓」でも味わうことができる。

 横浜ビールの担当者は「辛い料理との相性も抜群。一口飲んだらイメージは変わるはず。我が社が自信を持って送り出す素敵な商品なので、多くの人に飲んでほしい」とアピールする。

横浜ビール関連記事(ヨコハマ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

泰生ポーチ(横浜市中区相生町2)で10月18日、政府や銀行などが介入せず、取引に関するデータが分散し、すべての人がデータを確認できる「ブロックチェーン」という情報技術についての勉強会「ブロックチェーンで会津の未来は変わりますか?~分散型台帳技術が地域・個人にもたらす変化とは?」が開催される。講師は会津若松市で実証実験を展開している会津大学准教授の藤井靖史さん。開催時間は19時~21時。参加費2,000円(ドリンク付)。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング