食べる

そごう横浜店で「パンフェス」と「新米博覧会」 パン200種と日本各地の新米100種を紹介

伊勢原「ムール ア・ラ ムール」の田舎風あんぱん

伊勢原「ムール ア・ラ ムール」の田舎風あんぱん

  •  
  •  

 そごう横浜店(横浜市西区高島2)で10月31日~11月4日、パン約200種類と日本各地の新米約100種が登場する「パンフェス」と「新米博覧会」が開催される。

同時開催 「新米博覧会」では笠原将弘さんのトークショーも

 パンフェスでは、神奈川県産湘南小麦の魅力をクローズアップ。店主みずから湘南小麦を挽く、伊勢原のベーカリー「ムール ア・ラ ムール」をはじめ、都内、県内のブーランジェリーが湘南小麦を使った商品や、会場内でつくるできたてのパンなどを販売する。

[広告]

 販売商品は、ネット通販専門の最高級パン専門店ルセットが運営する鎌倉のプレミアム食パン専門店「Bread Code by recette(ブレッドコード)」の角型食パン (881円)、伊勢原の「ムール ア・ラ ムール」の湘南小麦を使った田舎風あんぱん(249円)のほか、全国各地の人気店や各地の希少商品を日替わりで提供する。

 新米博覧会では、日本各地から新米を一日のべ約20種、6日間で約100種の炊きたてご飯を食べ比べ試食できる。

 恵比寿の日本料理「賛否両論」オーナー兼料理人の笠原将弘さんの協力で「新米健康おにぎりバー」が出店する。冷めてもおいしいミルキークイーンの白米・玄米・五分づき「食べ比べおにぎりセット」(おにぎり2個、味噌汁付き 540円)や、笠原シェフ考案の「賛否両論オリジナルおともセット」(鯛そぼろ、焼き漬け鮭・山椒なめ茸 324円)、横浜「つた金」の焼きのりなどのごはんが進む逸品を提供する。

 また、3日14時からは、笠原将弘さんのトークショーも行われる。

 会場はそごう横浜店8階 催会場。営業時間は10時~20時。イートインのラストオーダーは19時(最終日は17時閉場、イートインラストオーダー16時)。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?