天気予報

31

23

みん経トピックス

横浜にパエリア専門店横浜マラソン2016

子育て支援グループ「まま力の会」がミシンワークショップ 入園入学グッズの手作り後押し

子育て支援グループ「まま力の会」がミシンワークショップ 入園入学グッズの手作り後押し

企画を担当する「まま力の会」でリハーサルも行った

写真を拡大 地図を拡大

 横浜市中区在住の子育て中の母親を中心に構成される子育て支援団体「まま力の会」は3月15日・17日・21日の3回、入園入学グッズなどを作るミシンワークショップを開催する。

 今回のワークショップは「入園グッズを手作りしたいが自信がない、ミシンを持っていないがチャレンジしたいという親の気持ちを後押ししたい」と、同じく入園前の子どもを育てる母親グループが企画。スモックや絵本袋、弁当箱袋、防災ずきんなど、各自作りたい物の材料を持参し、デザイナーで舞台衣装なども手がける安食真さんのアドバイスを受けながらミシンを使って作業ができる。

 「3歳のお兄ちゃんの入園予定の幼稚園では、手さげカバンや靴袋など7点が必要。2人の子どもがいるので、とても家では制作できない」と話すのは、まま力の会メンバーで0歳と3歳の2人の子育て中の岩越麗さん。会場の一角にはマットを敷いたキッズゾーンを配置し、子連れでも制作できるよう配慮する。

 まま力の会代表の桂由佳さんは「普段ミシンに触れる機会が少ないという親も多いはず。一人きりでの入園グッズ制作には戸惑ってしまうという子育てママの実体験から生まれたイベント。今年困っている人はもちろん、入園入学を来年再来年に控えた方も気軽に来てみてほしい」と話している。

 会場は3月15日=麦田地域ケアプラザ(横浜市中区麦田町1)、17日=横浜市西地区センター(西区岡野1)、21日=さくらWORKS<関内>(中区相生町3)で、開催時間は10~16時(21日は15時まで、出入り自由)。参加費は15日・21日=1,500円、17日=2,000円。参加申し込みはメール(mama.ryoku@gmail.com)で受け付ける。申込者には、Facebookグループで布の選び方や必要な道具についてなど、事前の個別質問に答える。詳しくはまま力の会ホームページで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ヨコハマ創造都市センターで7月31日、「新市庁舎にみんなで『ひろば』をつくる会議」が行われる。新市庁舎の「ひろば」(屋根付広場、親水空間、市民協働スペースなどの市民利用スペース)の活用・運営方法をワークショップ方式で考える。新市庁舎は北仲通南地区(中区本町6丁目)に2017年夏に着工予定。地上31階、地下2階、高さ約152メートルの高層ビルとなる。 設計・施工は竹中工務店・西松建設JV。2017年夏着工、2020年6月末の供用開始を目指している。外観パースはこちら。開催時間は15時から。参加費無料。問合せは横浜市総務局新市庁舎整備担当(TEL 045-633-3903)まで。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

横浜にIR(統合型リゾート、英称:Integrated Resort、国際会議場・展示施設などのMICE施設・ホテル・商業施設・レストラン・劇場・映画館・アミューズメントパーク・スポーツ施設・温浴施設などにカジノを含む複合観光集客施設)ができることをどう思いますか?

アクセスランキング