天気予報

29

22

みん経トピックス

横浜にフリーズドライ専門店横浜で「ラーメン女子博」

横浜ビールが幻の桃を使った「綱島桃エール2016春バージョン」 限定発売 春のフルーツビールフェアも

 地ビールを製造販売する横浜ビール(横浜市中区住吉町6)は3月14日から、綱島の桃農園「池谷(いけのや)家」(港北区)で収穫された「日月桃(じつげつとう)」と「白鳳(はくほう)」を使った季節限定フルーツビール「綱島桃エール2016春バージョン」を販売している。

 綱島は、明治の中期頃から桃の生産高で岡山と並ぶ2大生産地で、綱島桃「日月桃」ブランドは全国に名を馳せていたが、今では池谷家のみが出荷している。「幻の桃」とも呼ばれている「日月桃」は、小ぶりで香りがよく、甘酸っぱいのが特徴。桃の栽培時には、横浜ビールのメンバーも袋掛けを手伝ったとのこと。

 「綱島桃エール」は、淡黄色で、アルコール度数は5.5%。ビールのラベルには、同農園の桃の箱のラベルを使用している。価格は1瓶540円(横浜ビール醸造所直売価格)。横浜ビールの直営レストラン「驛(うまや)の食卓」1階の工場直売では1日40本限定(1人3本まで)で販売している。驛の食卓と同店1階の「YOKOHAMA BEER STAND」では樽生でグラス・ジョッキ・ピッチャーで提供する。

 綱島桃エール(ボトル)は、「驛の食卓」のほか、そごう横浜店、イトーヨーカドー綱島店、東急百貨店の日吉店、たまプラーザ店、レ・シ・ピ青葉台でも販売している。

 横浜ビール醸造長の五條芳範さんは「800リットル限定で醸造した。香り高くスイートな桃の優しい香りがする仕上がりになっている。ビールの仕込は瀬谷区の岩崎農園さんの小麦を使用している」と話している。

 また、「YBショップ驛カフェwithふくしまカフェ」(中区本町6)では、3月17日と18日に「横浜ビール新フルーツビール販売記念『春のフルーツビールフェア』」を開催している。提供するビールは、横浜ビールの「小田原蔵出しミカンビール(樽生)」、「綱島桃ビール(樽生)」、定番ビール5種と、福島路ビールの「リンゴのラガー(樽生)」、「桃のラガー(瓶)」、「なつはぜフルーティエール(瓶)」。料理は、神奈川と福島の食材を使ったタイ料理を提供する。

 レストラン「驛の食卓」の営業時間は、平日(月曜~金曜)=11時30分~15時/18時~23時、土曜=11時30分~23時、日曜・祝日=11時30分~21時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

そごう横浜店8階催会場でグルメ催事「大阪・神戸 味めぐり」が開催されている。約40店舗が出店。大阪名物として551蓬莱の豚まん、串カツ、いか焼きなど、神戸名物のはいからサンドなどのスイーツを販売する。イートインコーナーも併設。夏の阪神甲子園球場の名物「かちわり」(氷)を販売。球場以外では初の販売となるという。26日まで。
[拡大写真]

VOTE

横浜にIR(統合型リゾート、英称:Integrated Resort、国際会議場・展示施設などのMICE施設・ホテル・商業施設・レストラン・劇場・映画館・アミューズメントパーク・スポーツ施設・温浴施設などにカジノを含む複合観光集客施設)ができることをどう思いますか?

アクセスランキング