天気予報

10

6

みん経トピックス

横浜でエコを考えるイベント横浜で地域SNS子育て支援

関内で自転車通勤を応援する「Bike to Work YOKOHAMA」初開催

関内で自転車通勤を応援する「Bike to Work YOKOHAMA」初開催

会場のTHE SPACE内には自転車が持ち込める

写真を拡大 地図を拡大

 関内のツーキニスト(自転車通勤者)向け施設「THE SPACE」(横浜市中区弁天通2-25)で2月26日、自転車通勤をテーマとしたイベント「Bike to Work YOKOHAMA」が開催される。

 「Bike to Work」は自転車通勤を奨励・応援するイベントで、休憩や情報交換などを目的にツーキニストが気軽に立ち寄れる場を提供するというもの。自転車を通じた環境保護を推進しているバイシクルエコロジージャパンが中心となって東京や名古屋、福岡などの国内6都市で随時行われており、横浜での開催は今回が初となる。

 当日は、参加者が自身の都合に合わせ、開催時間内の会場に自由なタイミングで立ち寄るというスタイル。コーヒーなどの飲み物を楽しみながら雑談や情報交換を行うほか、自転車に関するDVD映像や季刊の自転車フリーペーパー「cycle」も用意される。

 また、次回以降の「Bike to Work Yokohama」や横浜での自転車関連イベントの実施などに向け、意見交換やアイデアの募集なども実施する。

 呼びかけ人の一人で、市内で自転車便業務を展開するクリオシティ代表の柳川健一さんは「当日は自転車通勤の実践者や市内の自転車関連事業者・店舗経営者など、さまざまな参加者が集う予定です。雑談や意見交換を楽しみながらつながりを広げ、横浜の自転車事情を盛り上げていけたらと思います。これから自転車通勤にチャレンジしてみたい、自転車通勤に興味があるという方も、気軽に会場に立ち寄ってもらえれば」 と話す。

 開催時間は朝7時~10時で、途中出入りは自由。参加無料(飲み物は会場で用意)、ドネーション(寄付)や菓子等の持ち寄り歓迎。雨天時は翌週に延期。問い合わせは会場のTHE SPACE(TEL045-264-4888)まで。

 THE SPACEは、昨年12月にオープンした、自転車(ロードバイク)の保管やロッカー・更衣室・シャワーの提供を行う施設。店内には40台の自転車が保管可能で、ツーキニストやサイクリング・ジョギング愛好家らが利用している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜市は3月24日、「横浜市現市庁舎街区等活用事業実施方針」を発表した。対象地は現市庁舎街区(横浜市中区港町1丁目1番地ほか、敷地面積約16,400平方メートル)、港町民間街区(横浜市中区港町2丁目ほか、敷地面積約9,000平方メートル)、教育文化センター跡地(横浜市中区万代町1丁目1番地ほか、敷地面積約2,600平方メートル)。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

横浜でお花見するなら?

アクセスランキング