フォトフラッシュ

山口県から神奈川県まで輸送された相鉄の都心直通用 新型車両「20000系」

相模鉄道の新型車両「20000系」の第1編成は、日立製作所笠戸事業所で製造され、山口県から神奈川県まで「JR相模線」を経由し、8月4日に厚木操車場(海老名市)から事業用車両「モヤ700系」で、車両センター(相鉄線 かしわ台駅構内)に到着した。

  •  
  •  

相模鉄道は、神奈川東部方面線の「相鉄・東急直通線」の車両として導入する新型車両「20000系」の営業運転を2018年2月11日から開始する。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?