恒例・「ザよこはまパレード」-SNSでイベント盛り上げ

昨年行われた「ザよこはまパレード」の様子

昨年行われた「ザよこはまパレード」の様子

  •  
  •  

 横浜市内の各所で5月3日、横浜開港記念みなと祭のオープニングを飾る恒例イベント「第56回ザよこはまパレード(国際仮装行列)」が開催される。

 今年のテーマは「開港への道~大好き!よこはまスポーツ・ワールド~」。趣向を凝らしたフロート(山車)パレードやマーチングバンドなどが「横浜」と「スポーツ」を表現する。パレードは「キッズパレード」(小学生を中心とした団体)、「スーパーパレード」(従来の行列)、「スーパーエキシビション」(踊りの部)の3構成。延べ80団体、4,573人が参加する。

[広告]

 同実行委員会(横浜商工会議所・神奈川県・横浜市)からは、架空の競技場「ヨコハマ・スポーツ・スタジアム」をイメージして「スポーツ都市ヨコハマ」を表現したフロートが登場する。知事や市長らのほか、横浜開港150周年記念事業マスコットキャラクター「たねまる」が搭乗。そのほか、日本人ブラジル移住100周年とブラジル人の日本移住20周年を記念してブラジル国技の格闘技「カポェイラ」のパフォーマンスも披露される。

 特別企画として今年のテーマにちなみ仮装ジョギング「はまっパレ・ジョグ」を実施。パレードスタート前に山下公園前から赤レンガ倉庫までを横浜に関連する仮装を施した150人がパフォーマンスを交えて走る。先導者としてマラソンランナーの谷川真理さんも出場する。

 当日パレードの様子を放送するテレビ神奈川(tvk)は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「gocco(ゴッコ)」内に「ザよこはまパレード」オフィシャルコミュニティーを開設。プロフィールなどを紹介する参加団体それぞれのコミュニティーとリンクさせ、来場者がコメントを寄せることができる仕組み。来場者と参加団体の交流を図る初の試みでパレードを盛り上げる。当日の放送開始直後には同サイトを利用して参加団体への投票も実施。結果は、6月1日に放送する「ザよこはまパレード」の特別番組内で発表する。

 「キッズパレード」は10時45分、「スーパーパレード」は11時15分に、それぞれ山下公園前を出発。ともにシルクセンター前、赤レンガ倉庫を経由し、キッズパレードは横浜ワールドポーターズ前まで、スーパーパレードは馬車道経由で伊勢佐木町6丁目まで行進する。「スーパーエキシビション」は14時から赤レンガ倉庫前で開始。雨天時は5月4日に順延。当日の開催可否案内はTEL 0180-99-4045(対応は7時~15時)まで。tvkで18時30分~21時50分(予定)、パレードの様子を放送(録画)する。

ザよこはまパレードgocco内コミュニティー「ザよこはまパレード横浜みなと祭りオフィシャル」

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?