フォトフラッシュ

横浜市電保存館がリニューアル 昭和の横浜で運転体験ができる「市電シミュレーター」も

横浜市電保存館(磯子区滝頭3)が1月28日にリニューアルオープンする。CG映像で再現した昭和40年代の横浜の街で運転体験ができる「市電シミュレーター」、車両の走行が楽しめる「Nゲージジオラマ」のほか、歴史展示コーナー、映像シアターなどで市電の歴史と横浜の都市発展を学ぶことができる。オープンを記念して作家の山崎洋子さん、横浜シティガイド協会の嶋田昌子さんらを招いたトークショーを実施。2月から横浜にゆかりの深い講師を招き「しでんほーる連続講座」を定期開催する。

  •  
  •  

かつて横浜の中心部を通っていた「横浜市電」の写真や資料を集める市民グループ「しでんの学校」が、横浜市電保存館(横浜市磯子区滝頭)で「しでんの学校写真展 滝頭編~走っていた頃の市電たち~」を開催している。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?