フォトフラッシュ

横浜ビール直営店「驛カフェwithふくしまカフェ」でカレープロジェクト始動 3日間限定100円カレーも 

横浜ビールの直営店「驛カフェwithふくしまカフェ」(横浜市中区本町6)でカレープロジェクト「驛カフェwithふくしまカフェ」が始動。2月1日から3日間、横浜ビール驛カフェ10周年記念企画として、新メニューを含む3種類のカレーを特別価格の100円で提供する(数量限定)。カレーの種類は、1日=横浜ビールを隠し味とする「馬車道驛カレー(ばしゃみちえきかれー)」(通常価格600円)、2日=野菜をふんだんに使った「チャンピオンスープカレー」(通常価格800円、写真)、3日=スパイシーな味わいの「横濱ドライカレー」(通常価格700円)。2日はチャンピオンスープカレーをプロデュースした第36代日本スーパーバンタム級チャンピオンの大竹秀典選手も登場する。各日100食限定、11時30分スタート。横浜ビールの竹内和人さんは「1番人気の『チャンピオンスープカレー』をはじめ、おいしい新メニューのカレーをぜひ味わってほしい」と話す。「驛カフェwithふくしまカフェ」では、2月4日から全3種類のカレーメニューを提供する。

  •  
  •  

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?