新型コロナ関連速報30日:市内2075人・15…

食べる

横浜高島屋で「凍眠フード」フェア デパ地下グルメの冷凍サービスも

  • 38

  •  

 横浜高島屋(横浜市西区北幸1)の地下1階 Foodies' Port2 イベントスクエアで、5月25日から「凍眠フード」フェアを開催する。テクニカン(都筑区)の液体急速凍結の技術「凍眠」を活用し、食料品を冷凍で販売する。

高島屋で「紅花の山形路 物産と観光展」 凍眠フェアと同時期に

[広告]

 フェアでは、神奈川県産の「湘南生しらす」や富山湾産の「ほたるいか」など産地の旬の魚介類を現地で急速凍結したものや、「美濃吉」のうなぎ寿司など液体急速凍結したデパ地下グルメと共に、「人形町 志乃多寿司總本店」の「志乃多(いなり)」などテクニカン直営の商品も扱う。

 今回は新たなに、デパ地下での購入商品を冷凍するサービスを実施。パンや「人形町今半」の「すき焼き用スライス」など中心に約70品が対象となる。対象商品を購入後、「『凍眠』フードフェア」会場で包材を交換し、購入者自身で冷凍を行うことができる。

 「凍眠」はマイナス30度の液体で凍結させるテクニカンの特許技術。通常は冷たい空気で凍結させるが、液体で凍結させることにより、解凍時の再現性を高める。

 同社は「90度のサウナだとやけどしないが、90度のお湯に入ると大やけどする」という例を挙げ「同じ温度でも液体の方が気体より熱を伝える力が強い。早く凍ると、魚や肉の細胞内水分をほぼ原形のまま凍結し、細胞を破壊しない。鮮度、味、見栄えにおいて冷凍したとは思えない質感を維持できる」と説明している。

 フェアの開催は31日まで。Foodies' Port2の営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース