新型コロナ関連速報30日:市内2075人・15…

見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

横浜スタジアム一望の個室観覧席でリモートワーク「ワーキングハマスタ」

  • 290

  •  

 横浜DeNAベイスターズが運営する会員制シェアオフィスとコワーキングスペース「CREATIVE SPORTS LAB(以下CSL)」が、横浜スタジアムの個室観覧席をワーキングスペースとして利用可能な企画「ワーキングハマスタ」を実施している。

個室観覧席の室内や専用バルコニーで仕事が 「ワーキングハマスタ」

[広告]

 個室観覧席「NISSAN STAR SUITES(日産スタースイート)」は、全室がグラウンドを一望できるスタジアムバックネット裏のスタンド上部に位置し、部屋ごとに専用バルコニーが設けられている。天井まで広がる大開口の窓からは、観戦とともに横浜の夜景が一望できる。試合時は、各部屋に横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ専属のサービスクルーが付き、料理の注文、配膳、取り分けなどのサービスを提供している。

 「ワーキングハマスタ」はCSLが実施する「スタジアム内外をもっと楽しむため」のアイデア会議「Next Ballpark Meeting」で「スタジアムを会議室やワークスペースとして使用したい」という声が多く寄せられたことをきっかけに実現。試合観戦では330,000円から予約可能な個室を、ひとり3,300円から利用できるようにした。

 試合観戦時の「日産スタースイート」の料金は、8人部屋(23平方メートル)=330,000円~、30平方メートル(10人部屋)=440,000円~、16人部屋(49平方メートル、52平方メートル)=550,000円~。

 「ワーキングハマスタ」では、個人利用=3,300円で他の利用者と同室、団体利用は部屋単位での利用とし4人まで=22,000円、8人まで=44,000円。

 利用可能時間はナイター実施日の9時30分~15時30分、事前予約制で当日の観戦チケットの有無は問わない。ワーキングハマスタ利用後は、横浜DeNAベイスターズの複合施設「THE BAYS」2階の「CREATIVE SPORTS LAB」を18時まで通常の半額(1,000円) で利用も可能。

 5月の今後の実施日は20日、24日、25日、25日。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース