見る・遊ぶ 買う

神奈川芸術劇場で「KAATマルシェ」初開催 

TSUBAKI食堂は港北区の採れたて野菜をつかった「ど根性サラダ」の販売も

TSUBAKI食堂は港北区の採れたて野菜をつかった「ど根性サラダ」の販売も

  • 44

  •  

 KAAT神奈川芸術劇場(横浜市中区山下町)で、「KAATマルシェ」が行われている。

横浜産の野菜を販売  規格外野菜セットも 

[広告]

 横浜の地産地消をテーマに、約20種類の横浜産の季節の地場野菜や、あられ、クッキー、ドレッシング、パスタなどの横浜でつくられた食品を、横浜市庁舎2階の地産地消をコンセプトとするレストラン「TSUBAKI食堂」(中区本町)と横浜市役所でのイベント「夕方マルシェ」を手掛けるウッビースタイル(旭区柏町)が販売している。

 また、鎌倉の「ブーランジェリーアンサンブル」(鎌倉市坂ノ下)によるパンの販売(6日のみ)、移動書店「ハリ書房」(東京都千代田区)によるKAATマルシェや劇場にちなんだ選書による絵本や書籍の販売のほか、子ども向けのものづくりワークショップや、スタンプを集めるとガラポンにチャレンジできるスタンプラリーも実施している。

 マルシェは、「ひらかれた」劇場を目指し、アトリウムを会場として実施する「KAATフレンドシッププログラム」の一環で、劇場芸術監督の長塚圭史さんとTSUBAKI食堂の椿直樹さんが、同館広報誌「KAAT PAPER2023年冬号」で対談したことを契機に実現した。

 イベントをコーディネートした神奈川芸術劇場広報営業課の佐藤道元さんは「外を歩く人々からも中が見えるKAATアトリウムでのマルシェは、普段、劇場でできないパイロット的な企画。劇場に親しんでいただき、劇場を開かれた場にしていくことを目指して、今後の定期開催も検討していきたい」と話している。

 開催日時は、6日=11時~18時、7日=11時~16時。

ヨコハマ経済新聞VOTE

あなたやあなたの関わるイベント・店舗などは、これまでに何回ヨコハマ経済新聞に掲載されたことがありますか

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース