天気予報

10

6

みん経トピックス

横浜でウルトラ8兄弟PR横浜でiPhone情報配信

松坂屋で閉店セール-お好み食堂で20年前の人気メニュー復活も

松坂屋で閉店セール-お好み食堂で20年前の人気メニュー復活も

閉店セール初日の様子。開店前から多くの人が詰めかけた。

写真を拡大 地図を拡大

 今年10月に144年の歴史に幕を下ろす横浜松坂屋(横浜市中区伊勢佐木町、TEL 045-261-2121)で7月24日より、閉店セールが始まった。初日は開店前から約500人の客が詰めかけ店頭に列を作った。

 閉店セールでは、ファッションフロアをメーンに創業年数144年にちなみ婦人帽子やゆかたを1,440円提供するなど全館をあげて商品を割引価格で販売。セール期間は10月26日の閉店まで行い、96日間で前年比250パーセントととなる40億円の売り上げを見込んでいる。同店の長岡達也さんは「セール期間は100人の応援スタッフをそろえ万全の体制。在庫だけなく品揃えを充実させ、これまでの感謝の気持ちをを伝えたい」と話す。

 オープンの1時間以上前から店頭に並んでいた南区在住の小松マサコさんは「松坂屋の前身のノザワ松坂屋だった30年ほどまえから通ってきた。子どもと食堂をよく利用したことを思い出します。横浜駅のように『ごみごみ』していないところが好きだったが、閉店後はどこを利用したらいいのかと思うととても寂しい」と閉店を惜しんだ。

 期間中は伊勢佐木町の歴史を紹介する写真展や、ポスター展なども開催。そのほか、7階のおこのみ食堂では20年前の人気メニューで生バチマグロの漬けを白飯にのせた「あずま丼」(1,575円)が復活する。

 横浜松坂屋は、立地や競合店舗など周辺商環境の変化による業績の低迷に加え、本館建物の老朽化が進んでいることを理由に本館建物を解体・撤去することを6月に発表した。閉店後は低層階に商業・サービス機能を備えたマンションとの複合施設を建設する予定。

横浜松坂屋ゆず生誕の地「横浜松坂屋」が10月に閉店解体-144年の歴史に幕(ヨコハマ経済新聞)横浜市、松坂屋本館など4件を歴史的建造物に認定(ヨコハマ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜市は3月24日、「横浜市現市庁舎街区等活用事業実施方針」を発表した。対象地は現市庁舎街区(横浜市中区港町1丁目1番地ほか、敷地面積約16,400平方メートル)、港町民間街区(横浜市中区港町2丁目ほか、敷地面積約9,000平方メートル)、教育文化センター跡地(横浜市中区万代町1丁目1番地ほか、敷地面積約2,600平方メートル)。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

横浜でお花見するなら?

アクセスランキング