新型コロナ関連速報24日:市124人/県422…

食べる

いちごの祭典「ヨコハマストロベリーフェスティバル」が開幕

「ストロベリーチョコとビールのお店」の「苺チョコカヌレ」

「ストロベリーチョコとビールのお店」の「苺チョコカヌレ」

  • 57

  •  

 横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区新港1)で、いちごの祭典「ヨコハマストロベリーフェスティバル 2023」が、2月3日に始まった。

フルーツサンド屋 SUNの「あまおうの練乳バターサンド」

[広告]

 会期は23日間。2013年にいちごの新しい楽しみ方を伝えるイベントとして初開催され、今回は10周年となる。

 いちごスイーツ、ドリンク、いちご雑貨などのメニューやグッズがそろうほか、各地のブランドいちごの直売や、会場に併設する「いちごカフェ」で、旬のブランドいちごを使った「いちごマカロン」「いちごとチョコのピッツア」などのメニューを提供する。

 横浜市の農家によるいちご直売のほか、ブランドいちごの限定配布では、福島県いわき市「ふくはる香」、奈良県「奈乃華」、茨城県鉾田市「いばらキッス」の無料サンプリングも行う。

 広場には恒例のイベントシンボル「いちごオブジェ」のほか、いちごのフワフワ、ジャンプゾーンなどの子どもが楽しめるアトラクションも設置する。

 会期は2月26日まで(21日は休館日で休業)。会場は横浜赤レンガ倉庫イベント広場 特設テント。開催時間は10時~18時。入場料は300円(小学生以下無料、横浜赤レンガ倉庫イベント公式アプリユーザーは入場料100円)。

 2月17日~26日には、横浜赤レンガ倉庫の各店舗で「あまりん&とちおとめのパンナコッタ」、「紅白いちご大福」、「あまおうの練乳バターサンド」などの10周年記念限定メニューやグッズの販売も。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

相鉄・東急 新横浜線 2023年3月開業予定 どう思う?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース