3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

横浜市の学校の臨時休業期間は3月3日から13日 緊急受入れも実施

  •  
  •  

 横浜市教育委員会は2月28日、「新型コロナウイルス感染症対策のための小学校・中学校・高等学校・特別支援学校等の臨時休業について」発表した。

横浜市:新型コロナウイルス関連情報(イベント中止・延期、施設・学校休業、その他)まとめ【3月1日更新】

 臨時休業期間は3月3日から3月13日まで。休業期間中は、部活動や通級指導教室の指導も実施しない。

[広告]

 文部科学省から、新型コロナウイルス感染症対策において、感染の流行を早期に終息させるために極めて重要な時期であることを踏まえ、子どもたちの健康・安全を第一に考え、多くの子どもたちや教職員が、日常的に長時間集まることによる感染リスクに予め備える観点から、全国の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、特別支援学校において、臨時休業を行うよう通知があったことを踏まえて決定した。

 卒業式は、校内に「新型コロナウイルス感染症」を発症した児童生徒、教職員、支援員等がいない場合に限り、休業期間中でも感染症対策を十分に行った上で実施する。

 休業期間中、対象児童生徒のうち、保護者の就業などにより家庭での対応が困難な場合は、各学校で「緊急受入れ」を実施する。対象は、小学校低学年(1・2・3年生)、小学校・中学校個別支援学級(全学年)、特別支援学校(全学部)。小学校の給食、中学校のハマ弁は実施しない(特別支援学校の給食は実施)。受入れ時間は原則、通常の課業時間内。

 また、神奈川県教育委員会は、3月2日から春季休業の開始日までの間、県立高校など全県立学校を臨時休業すると発表している。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?