見る・遊ぶ

横浜12施設に「トロンブルー」のイルミ-点灯式に山田優さん

点灯式に登場したタレントの山田優さんとモデル

点灯式に登場したタレントの山田優さんとモデル

  •  
  •  

 クイーンズスクエア横浜(横浜市西区みなとみらい2)1階のクイーンズパークで11月25日、横浜の夜景をトロンブルーにライトアップする「トロンブルーライトヨコハマ」の点灯式が行われた。

 トロンブルーライトヨコハマは、12月17日に公開されるディズニー映画「トロン:レガシー」とのタイアップによるイルミネーション企画。クリスマスの時期に合わせ、横浜の夜景をトロンブルーにライトアップし、全国から横浜への集客を促進することが狙い。今年12月に開局25周年を迎えるFMヨコハマの関連事業の一環で、横浜観光コンベンション・ビューロー、横浜市が展開する冬期集客キャンペーンと連動して実施される。

[広告]

 トロンブルーとは、映画「トロン:レガシー」のデジタルなイメージを彷彿(ほうふつ)とさせる鮮やかなブルー。会期中は、みなとみらい、横浜港、山下公園など、12箇所の施設をトロンブルーで彩る。開催は12月25日まで(点灯時間は各施設による)。

 対象施設は、クイーンズパーク、大観覧車「コスモクロック21」、ドックヤードガーデン、横浜ワールドポーターズ、横浜メディアタワー、コレットマーレ、横浜マリンタワー、東京電力横浜火力発電所 トゥイニー・ヨコハマ、首都高 横浜ベイブリッジ、大さん橋ふ頭ビル、象の鼻パーク、象の鼻テラス。

 25日に行われた点灯式には、映画「トロン:レガシー」の世界観を象徴する近未来コスチューム(トロンスーツ)を自らプロデュースしたタレントの山田優さんが、モデルとともにトロンスーツ姿で登場。ファンが見守る中、大観覧車「コスモクロック21」やクイーンズタワーパークが優さんのカウントダウンでトロンブルーに染まった。

 公開に先駆け、同映画の本編をアメリカ(LA)で鑑賞したという優さんは、「私にとっては初体験とも言えるドキドキする映画。3DやCGの迫力があり、本当にすごかった。大好きなダフト・パンクの音楽と映像が一体化して、最高にかっこいい映画だと思う。心にしみるストーリーでアクション映画としても見所満載。ぜひ3Dで楽しんでほしい」と語った。

 映画「トロン:レガシー」(ジョセフ・コジンスキー監督)は、最新の3D映像を駆使した話題作。出演者はギャレット・ヘドランドさん、ジェフ・ブリッジスさん、オリヴィア・ワイルドさんら。音楽はフランス出身のコンビ「ダフト・パンク」。ギャレット・ヘドランド演じる主人公サム・フリンが、20年前に失踪した父を捜して、コンピューターの世界に迷い込む。公開を記念して2011年1月12日まで、映画のイメージをもつ鮮やかなトロンブルーを写真に撮り投稿する「トロンブルーを探せ!写真投稿キャンペーン」を実施。詳細は「トロン:レガシー」公式サイトから。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?