見る・遊ぶ

野毛・動物園通りに「アートマニアカフェギャラリーヨコハマ」

カフェギャラリー「artmania cafe gallery yokohama」外観

カフェギャラリー「artmania cafe gallery yokohama」外観

  •  

 野毛の動物園通りに10月9日、カフェギャラリー「artmania cafe gallery yokohama」(横浜市中区野毛町3)がオープンした。

 アートマニアは「アートをこよなく愛する人々」という意味で、artでmaniacなギャラリーという造語。横浜に活動拠点をもち、東京や神奈川でアートイベントを主催するイベントオーガナイズ集団「artmania(アートマニア)」が運営する。

[広告]

 コンセプトは「クリエーターのセルフプロデュースを応援する」。アーティスト達が情報交換でき、アーティスト以外の人達とも交流できる場を提供し、現代美術やイラストレーション、ファッション、 映像などの展覧会やワークショップ、セミナーを行っていく。

 ギャラリーは3階建ての建物で、外観・内観ともに白。アートマニアが既存の築約40年の古い家屋の形状を生かして改装した。展示フロアは1階・2階・3階で、店舗面積は約49平方メートル。1階にはコーヒーや紅茶、アルコールを提供するカフェを併設する。

 横浜出身のartmania代表の富田俊恵さんはオープンにあたり、「子どものころ祖母が経営していた吉田町のカフェバーに遊びに行っていたこともあり、この界隈(かいわい)は思い出のある懐かしい場所。artmania cafe gallery yokohamaは、アーティスト達と気軽に交流を持てる場、帰ってくる場と考えています。リラックスした空間で『アート』を身近に感じ、社会、地域、人間のつながりを追及していきたい」と語る。

 同ギャラリーはオープンを記念し、10月15日まで企画展「横浜奇想サーカス」を開催。出展アーティストは「fu*ka」「Romei」「テトラ」「星之帝国」「谷本勝彦」「匿名の仮面」。イラストや絵画・立体・ファッション・写真など、6組のアーティストたちの奇想天外なオリジナル作品を展示・販売する。開催時間は15時~22時(最終日は19時まで)。

 富田さんは「あらゆる表現をアーティストに模索していただきながら、どのような空間にも対応できる作品を制作できるスキルを磨いていく可能性をアーティストに提供します。今後はこのカフェギャラリーを拠点に、吉田町の画廊や野毛など、地域と連携したアートイベントを展開していきたい」と話す。

 営業時間は15時~22時、不定休。現在、11月・12月のギャラリーでの個展・グループ展・持込み展の出展者を募集している。問合せはartmania cafe gallery yokohama(TEL 045-514-3980)まで。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?