3密を避けて新しい生活様式へ!

市内一帯で「横濱ジャズプロムナード」-コラボイベントも

9日の街角ライブの様子(コレットマーレ、「Soul Saints Brass Band」)

9日の街角ライブの様子(コレットマーレ、「Soul Saints Brass Band」)

  •  
  •  

 日本最大級のジャズ・フェスティバル「横濱ジャズプロムナード2010」が10月9日、みなとみらいや関内、桜木町など市内一帯でスタートした。

 「街全体をステージに!」を合言葉に、市民とミュージシャンが一体となり1993年にスタートしたジャズイベントで、今年のテーマは「Is BACK」。「ジャズ復活」をテーマに、ベテランからジャズ界期待の新進アーティストまで幅広い年齢層のミュージシャン3,005人(プロ/アマ)が集い、みなとみらい、桜木町、関内、馬車道、元町・中華街駅エリアを舞台に2日間のべ95会場・計351ステージを予定している。

[広告]

 9日は雨天のため、ドックヤードガーデンや象の鼻パーク、赤レンガ倉庫広場など一部の屋外会場は開催中止となったが、コレットマーレや関内駅前(市庁舎前)、クロスストリート、クイーンズサークル、ランドマークプラザの街角ライブは実施。桜木町駅前のコレットマーレには、雨の中多くの人々が集まり、傘をさしながら演奏を楽しむ姿が見られた。

 横濱ジャズプロムナード実行委員会広報担当の山本紀子さんは「初日は天候の影響で中止になってしまった街角ライブもありますが、ジャズクラブやホール会場の演奏もたくさんご用意しておりますので是非足をお運びください」と話す。

 屋外会場の開催有無、ホール会場の空席状況などは「横濱ジャズプロムナード2010」ブログサイトで確認できる。イベントは10月10日まで。

 横浜市内各所では、さまざまなコラボレーションイベントが組まれ、みなとみらい21地区では「みなとみらい21地区公共空間活用社会実験」として、汽車道などの港湾緑地とグランモール公園でデキシーランド・ジャズパレード、フードやドリンクの提供を行う「みなとみらい21 JAZZ&Wine」を開催(10月9日・10日)。

 区民相互の交流と調和、地域社会の創造と区民の健康増進を図る第35回中区民祭り「ハローよこはま2010」(10月10日)では、日本大通りに「横濱ジャズプロムナード」のステージコーナーを設ける。

 野毛Hana*Hana(中区花咲町1)では10月8日、1933年に開店した日本最古と言われるジャズ喫茶「ちぐさ」の店舗を原寸大で再現・展示する「ちぐさ」のアーカイブ展「野毛にちぐさがあった!」がスタート。会期中は、「ちぐさ」が残した貴重なレコードや写真パネルなどの資料を展示するほか、原寸大で再現した「ちぐさ」店内で、好きなアルバムをリクエストしてレコード鑑賞が楽しめる。当時に関わりのあったミュージシャンや文化人を招いたトークイベントも。同展は10月17日まで。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今日のランチは?