ローソン横浜住吉町4丁目店に「千葉県アンテナショップ」

千葉県の物産を販売するアンテナショップ

千葉県の物産を販売するアンテナショップ

  • 1

  •  

 コンビニエンスストア「ローソン」(東京都品川区)は、「ローソン 横浜住吉町4丁目店」(横浜市中区住吉町4)の店内に7月7日、千葉県の特産品販売や観光情報発信を目的とした「千葉県アンテナショップ」をオープンした。

 ローソンはこれまで都内を中心とした店舗内に、徳島県、埼玉県、長野県、沖縄県の特選品を販売するアンテナショップを展開。同店は県内初、全国5店舗目の出店となる。アンテナショップの導入を通して客層の拡大や同業態との差別化を図り、売上げの増加を狙う。

[広告]

 アンテナショップでは、千葉県産品約70品目を販売する「県産品販売コーナー」と千葉県観光マップや夏の観光キャンペーンガイドブックを備えた「観光情報ラック」を設置。

 取り扱う商品は、八街産の良質な落花生をいり上げた「煎りざや落花生」(525円)、房州産びわから作られた「完熟びわゼリー」(315円)、銚子電鉄の収入を補うために鉄道員が考案した「ぬれ煎餅(せんべい)」(5枚入り、410円)、まいわしのすり身を独自の製法でサイコロ状にした「いわし角煮」(3粒×6袋、368円)、ウリを鉄砲のようにくり抜き、しそ巻唐辛子を火薬に見立てて詰め込んだ鉄砲漬「鉄砲きざみ」(263円)、くじら肉をタレに一晩漬け込み天日に干した干物「くじらのたれ」(788円) ほか。

 ローソン広報担当の竹元裕貴さんは「神奈川と千葉は東京湾アクアラインで気軽に行き来できる環境です。横浜住吉町4丁目店にお寄りの際には、ぜひ千葉県の名産品をお楽しみください」と話す。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?