新型コロナ関連速報7日:市内5736人/県内1…

YCCで「アートボランティア」テーマに横浜トリエンナーレ学校

2005年に開催された「トリエンナーレ学校」の様子

2005年に開催された「トリエンナーレ学校」の様子

  • 0

  •  

 「ヨコハマ・クリエイティブシティ・センター(YCC)」(横浜市中区本町6)で3月24日、「横浜トリエンナーレ学校vol.3」が開催される。

[広告]

 横浜トリエンナーレは、2001年に始まった現代美術の国際展で、第2回展は2005年に、第3回展は2008年に開催された。第4回展「横浜トリエンナーレ2011」は2011年に開催される予定。これまで3回の開催で、延べ3,400人以上の市民がボランティアやサポーターとして活動してきた。

 「横浜トリエンナーレ学校」は今年1月より、横浜トリエンナーレ・サポーター事務局が開催しているプログラム。文化活動のサポートのための講座やワークショップなどを月に1回行っている。

 3回目となる今回は、「美術界のメディエーター ~アート・ボランティアの解題~」をテーマに、横浜美術館館長の逢坂恵理子さんを講師に迎え、アート・ボランティアの活力とは何かを、事例とともに読み解く。

 逢坂さんは東京生まれで、学習院大学を卒業後、国際交流基金、ICA名古屋を経て、1994年より水戸芸術館現代美術センター主任学芸員、1997年より2006年まで同センター芸術監督を務めた。2001年に第49回ヴェニス・ビエンナーレで日本館コミッショナーを務めるなど、多くの現代美術国際展を手がけてきた。昨年1月までの森美術館アーティスティック・ディレクターを経て、同年4月より現職。

 開催時間は19時30分~21時で、参加費無料・事前予約不要。問い合わせは横浜トリエンナーレ・サポーター事務局(TEL 045-325-8654)まで。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース