新型コロナ関連速報9日:市内2386人を確認

横浜ビールとアイリッシュパブ「グリーンシープ」が限定醸造ビール

グリーンシープ店内でグリーンフレッシュが楽しめる

グリーンシープ店内でグリーンフレッシュが楽しめる

  • 0

  •  

 横浜で唯一の地ビール醸造所の「横浜ビール」(横浜市中区住吉町6)と、アイリッシュパブ「グリーンシープ」(西区南幸2)は5月25日、限定醸造ビール「グリーンフレッシュ」の発売を開始した。

[広告]

 「グリーンフレッシュ」は、アメリカ産のカスケードホップを使用。通常のビールに比べ5倍のホップを使っている。グレープフルーツのような柑橘系の香りと後に続く苦味のインパクトが特徴。「グリーンシープ」と、横浜ビールの工場直営のビアパブ「ピボバル横浜」(中区住吉町6)で飲むことができる。

 同ビールは、横浜ビール醸造長の鈴木真也さんとグリーンシープ店長の渡辺陽介さんが意見を出し合い「夏に向けて、すっきりしているけど、苦味も感じられる」オリジナルビールをつくりたいと開発されたコラボレーション第2弾。生産は限定1,000リットルで、なくなりしだい販売終了となる。昨年12月に、第1弾として開発した「オリジナルエール」は、ビール愛好家の間で口コミで話題になり、2カ月で完売したという。

 「グリーンシープ」を経営するフードコミュニケーション(西区南幸2)の入交功社長は、「以前から、店で販売する商品を、ものづくりの段階から生産者と一緒に検討したいと思っていたが、横浜ビールさんといい形でコラボができた」と話す。

 また同じ25日、横浜ビールは、カリフォルニア産オレンジを使用した限定醸造のフルーツエール「ピクシー」の発売も開始した。「ピボバル横浜」で飲めるほか、6月下旬からはビン売りも予定している。

  グリーンシープの営業時間は、日~木=17時30分~2時、金・土・祝日前=17時30分~5時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース