新型コロナ関連速報5日:市755人/県1939…

見る・遊ぶ

「ヨコハマ・フットボール映画祭」が開幕 サッカー映画にトーク、エキスポも

クラブ世界一に輝いたブラジル・コリンチャンスの意外なルーツに迫った「Brothers in Football -100年越しの再試合-」より。クリス・ワトニー監督のZOOM登壇も。

クラブ世界一に輝いたブラジル・コリンチャンスの意外なルーツに迫った「Brothers in Football -100年越しの再試合-」より。クリス・ワトニー監督のZOOM登壇も。

  • 43

  •  

 かなっくホール(横浜市神奈川区東神奈川1)とシネマ・ジャック&ベティ(中区若葉町3)で、サッカー映画を上映する「ヨコハマ・フットボール映画祭2022」が、6月4日から10日までの7日間開催される。

アディダスとプーマの創業者は兄弟 「アディダスVSプーマ -運命を分けた兄弟-」

[広告]

 世界で毎年100本近く制作されるサッカー映画から、 日本のサッカーファン、映画ファンが楽しめる作品をセレクトして上映するサッカーファンの祭典で、2011年にサッカーと映画の魅力を地域社会に伝えることを目的に始まった。

 12回目を迎える今回は、障がい、ジェンダー、同性愛、移民、貧困、宗教、国際政治などの社会問題と連動した作品など8本のサッカー映画を上映するほか、5つのトークイベントや、フットボールと映画、ファッション、社会貢献、写真、書籍、お笑いなどのコラボーレーションを楽しむエキスポを開催する。

 上映作品は、「ペルーの叫び~36年ぶりW杯出場の表と裏~」、「ONE FOUR KENGO THE MOVIE~憲剛とフロンターレ 偶然を必然に変えた、18年の物語」、「はなれていても」、「Brothers in Football-100年越しの再試合-」、「サンシーロの陰で」、「バモス!ドミンゴ-夢の実況席-」、「アディダスVSプーマ -運命を分けた兄弟-」、「ある試合+教えて!いえぽん in YFFF2022」。

 トーク企画として元日本代表監督のフィリップ・トルシエさんとタレントの笹木かおりさん、サッカーライターの宇都宮徹壱さんによる「サロン・ドゥ・トルシエ 言いたいこと全部言いますSP!」のほか、「第3回Jサポフリーペーパーサミット」、「世界一多彩なキャリアプランを描ける日本の育成を語ろう!」、「バモス!実況席から見た世界 実況アナの両巨頭がサッカー愛を語る」などを開催。

 ゲストは、中村憲剛さん(元プロサッカー選手)、村井満さん(前Jリーグチェアマン)、フィリップ・トルシエさん(サッカー指導者)、クリス・ワトニーさん(脚本家、監督、プロデューサー)、家本政明さん(元国際審判員・プロフェッショナルレフェリー)、西岡明彦さん(スポーツコメンテイター)、木村好珠さん(精神科医、スポーツメンタルアドバイザー)、中野吉之伴さん(サッカー育成指導者・サッカーライター)ほか。

 映画祭は、約50人のボランティアスタッフが中心となって企画運営している。主催者は「サッカーと映画を愛する仲間が集まり国内外の映画製作者と交渉し、映画祭メンバーで日本語字幕の製作も行っている。サッカーファンが企画運営して上映する手作りの映画祭」とコメントしている。

 5月31日に映画祭開幕に先駆けてYFFFアワード2022審査会を実施。有坂塁さん(移動映画館 キノ・イグルー)、中村和彦さん(映画監督 「蹴る」)、藤坂ガルシア千鶴さん(ライター)による審査により、シリア難民少年との友情を描いた作品「はなれていても」がグランプリに輝いた。

 入場料は映画上映1作品につき1,800円(一部無料上映やワンデイパス、学生・障害者割引きあり)、かなっくホール3階ギャラリーのフットボールエキスポ(4日・5日12時30分~18時)=無料。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース