新型コロナ関連速報2日:市内3人/県内10人

食べる 買う

パンからつくった野菜で「ぱんクル」 横浜高島屋「ベーカリースクエア」で販売

  • 40

  •  

 横浜高島屋Foodies’ Port2<ベーカリースクエア>内の「KANAGAWA BAKER’S DOCK(カナガワベーカーズドック)」では、販売期限切れのパンを堆肥に活用して育てた野菜を使ったパン「ぱんクル(ぱん+リサイクル)」を10月27日から販売する。

パーネディトゥッテの販売期限切れのパンを堆肥に活用して育てた野菜を使ったパン

[広告]

 ベーカリースクエアは、3月のオープン以来、1日1万個以上のパンを販売する中で、閉店後のパンの冷凍販売や、賞味期限間近のパンを使った発泡酒を販売するなど、食品ロス問題に取り組んでいる。

 販売期限切れのパンを定期的に山梨県北杜市の農場「レインボーファーム」に送り、酵母と納豆菌など土づくりに良い菌を加え、菌の力で発酵させることで堆肥化。堆肥の原料の一部に廃棄処分を避けられなかったパンを再利用する取り組みを行っている。

 「ぱんクル」は、この堆肥を使った良質な土壌で耕作したサツマイモやカボチャを収穫し、地元・神奈川県内のベーカリーの協力で商品化、環境に配慮した循環型のパンとして販売を行う。

※今回の取り組みは、今現在も継続して行っており、次の収穫は2022年春頃を予定しています。

 販売商品は保土ケ谷区天王町の「パーネディトゥッティ」による「かぼちゃとさつまいもの秋のフォカッチャ」(356円)、「かぼちゃとあんこのエピ」(356円)。神奈川区の東白楽にある「ローゼンボア」の溶岩窯焼きあげた「かぼちゃデニッシュ」(305円)。港南区芹が谷「トレフール」の「かぼちゃと肉味噌のフォカッチャ」(381円)。

 ベーカリースクエアは、約400平方メートルの売場に、約40ブランド・500種類以上のパンを取りそろえる国内でも有数の規模のパンコーナー。カナガワベーカーズドックは、神奈川県下のパンを集めた編集型ショップ。約30のブランドの商品が日替わりで登場、約200種類の商品が店頭に並ぶ。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース