新型コロナ関連速報:市内20人/県内37人を確…

食べる 買う

横浜ビールが缶ビール「横浜ウィート」 瀬谷区の農園の小麦で爽やかな白ビールに

「横浜ウィート」を手にする、岩﨑農園(横浜市瀬谷区)の岩﨑良一さん

「横浜ウィート」を手にする、岩﨑農園(横浜市瀬谷区)の岩﨑良一さん

  • 418

  •  

 横浜ビール(神奈川県横浜市中区住吉町6)が、缶ビール「横浜ウィート」を7月5日に発売開始した。

デザインは横浜浮世絵の「横浜吉田橋ヨリ馬車道之真図」、缶ビール「横浜ウィート」

[広告]

 同社は、1999(平成11)年7月1日に醸造を開始し、今年22年目を迎えた老舗クラフトビールメーカー。「ヨコハマには横浜のビールがある」をキーフレーズに、ビール造りを通した地元生産者や消費者とのつながりを大切にしている。

 「横浜でも小麦を生産していることを知って欲しい」という思いから、「横浜ウィート」では、横浜市瀬谷区の「岩﨑農園」の岩﨑良一さんが栽培した小麦を使用し、柔らかな口当たりとすっきりとした飲み口に仕上げた。

 ビールの種類は「ベルジャンウィート」で、担当者は「ベルギー酵母による華やかな香りと、小麦の優しい味わいが魅力的な『横浜スタイル』の白ビール」とコメントする。

 瓶ビールが主力の同社は「より多くの人に手に取ってほしい」という思いから、昨年12月に缶ビールで「横浜ラガー」を初めて発売。「横浜ウィート」は瓶ビール「瀬谷の小麦ビール」を缶ビールとして展開するもので、同社の缶ビールとしては、第2弾となる。

 缶のデザインも「横浜スタイル」で、横浜浮世絵の「横浜吉田橋ヨリ馬車道之真図(横浜開港資料館所蔵)」を描いた。

 横浜ビール直営店「驛の食卓」・「驛カフェ」や、横浜ビール通販サイトのほか、神奈川県や近郊のコンビニエンスストア、百貨店、小売店、飲食店で取り扱う。350ミリリットル入り缶、希望小売価格は350円(税別)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース