3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う 暮らす・働く

商業施設「ラクシスフロント」グランドオープン 土日祝や夜間も開かれた市庁舎に

10時開店の「もとまちユ二オン」、9時半には開店を待つ人の列ができていた

10時開店の「もとまちユ二オン」、9時半には開店を待つ人の列ができていた

  • 733

  •  

 横浜市庁舎の1.2階に8月5日、商業施設「ラクシス フロント」(横浜市中区本町6)がグランドオープンした。飲食店や書店など全19店から成り、京急電鉄が運営する。

国から地産地消の仕事人に選定された椿直樹プロデュース「TSUBAKI食堂」

 同施設は、市役所の開庁式が行われた6月29日、1階にカフェ「スターバックス」、ドラッグストア「マツモトキヨシ」、コンビニエンス「セブンイレブン」、ヘアカット専門店「QBハウス」と、2階に寿司と山形蕎麦の「海風季」の計5店と、中央労働金庫とかながわ信用金庫のATM、モバイルバッテリーレンタルサービス「充レンスタンド」が、先行開業していた。

[広告]

 グランドオープンでは、1階の「もとまちユニオンフードホール」に、ミニスーパーマーケット「もとまちユ二オン」、洋食「洋食グリルエトナ」と和食「かねせい」からなる「横浜市場食堂」、モダンドイツ料理「シュマッツ・ビア・スタンド」、バーガーカフェ「フレッシュネスバーガー、中華そば「横浜中華そば 維新商店」、ベーカリー「ル・ミトロン(Le mitron)」がオープン。

 2階にはフレンチコンチネンタル「Universal Dining ONE」、イタリアン「リトラーネオ」、和風創作料理「TSUBAKI食堂」、本格四川料理「麻婆豆腐発祥の店 陳麻婆豆腐」が開業し、店内のほか、大岡川を臨むウッドデッキで食事を楽しむことも可能。

 丸善ジュンク堂書店が運営するブック&カフェ「HAMARU」のみ8月17日に開業で、全19店となる。

 ラクシスフロントは、「YOKOHAMA PREMIUM PUBLIC(横浜市民が共有する付加価値の高いパブリックスペース)」をコンセプトに、水辺環境という希少な空間を活かしながら、これまで市庁舎へ訪れる機会のなかった人も、日常的に訪れ、憩える場づくりを目指す。

 「もとまちユ二オン」がトートバックとお弁当のセット「ユニオンランチバックパック」を7日まで各日限定20個販売するなど、各店舗オープニングキャンペーンを用意する。

 京急電鉄の広報担当者は「本社を横浜に移転し、拠点地である横浜とのつながりが強くなった。京急沿線で最も乗降客数が多いのは都内の品川駅ではなく実は横浜駅。これからもラクシスフロントを通じて、市民の暮らしをサポートし、横浜の一員として地域、次世代の公共施設を作っていきたい」と話す。

 延床面積は約3,000平方メートル。営業時間は7時~23時の間で店舗ごとに異なる。市役所の窓口業務が行われない土日祝や夜間も開いている。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?