3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 買う

横浜駅・JR横浜タワー「NEWoMan」が6月24日に開業 115店舗が出店

JR横浜タワーに入居する「ニュウマン横浜」の外観

JR横浜タワーに入居する「ニュウマン横浜」の外観

  • 2891

  •  

 横浜駅東口で「ルミネ横浜」を運営しているルミネ(東京都渋谷区)は6月8日、新型コロナウィルス感染拡大防止のため開業を延期していた「ニュウマン横浜」を6月24日10時に開業すると発表した。横浜駅の新駅ビル「JR横浜タワー」(地上30階・地下3階)の1階~10階に展開する。

JR横浜タワー 屋上広場には「YOKOHAMA」の大型文字オブジェ

 24日~28日は館内の3密を避けるため、事前予約方式による入館を行う。実施日時は、24日=10時~11時40分。25日~28日=11時~11時40分。予約は、6月17日10時から、ルミネのアプリ「ONE LUMINE(ワンルミネ)」で受け付ける。予約1回につき2人まで申し込みできる。先着順に受け付け、定員数に達し次第受付を終了する。

[広告]

 ニュウマン横浜の開発コンセプトは、「STORY・・・ING」=「新時代を自由に生きるヒトとともに、STORY(=物語)をクリエイションし続ける場所」。コミュニケーションメッセージは「未知なるme。」。

 出店するショップ数は、ファッション・ファッション雑貨=42店、レストラン・カフェ・食品=28店、コスメ=15店、ライフスタイル雑貨17店、サービス=8店、NEWoMan Lab.=5区画。ルミネでは初となるラグジュアリーブランドや、横浜エリア初進出となるファッション、コスメ、雑貨、飲食なども含め合計115店舗が出店する。売場面積は約13,000平方メートル。

 「Discover 新しい自分と出会う」、「Open relax 自然体になる」、「Feel create カルチャーと過ごす」など、人生の中のさまざまなシーンから各フロアのコンセプトが構成されている。内装はフロアごとに柄が異なるタイルを合計30万枚使い、建物内に居ながら街を歩いているような楽しさを感じられる空間を演出する。

 館内5区画に設置される「NEWoMan Lab.」は、「訪れる人にとっていつも新しい発見がある」をコンセプトとするポップアップスペース。期間限定ストアの出店や、各種イベント、アート展示などを行う。

 6階には、神奈川をコンセプトにしたゾーン「2416MARKET」を設置。地元素材を使った飲食店や雑貨店など7店舗が出店。ニュウマン直営のカフェ・バー「800 ディグリーズ クラフトブリュースタンド」では、神奈川全域から集めた約20種類のクラフトビールや、湘南のカフェとコラボレーションしたコーヒーなどが楽しめる。「2416」は、神奈川県の総面積2,416キロ平方メートルから。

 また、フリードリンクやブックコーナーがある専用ラウンジ「NEWoMan LOUNGE」を設置。ルミネのアプリ「ONE LUMINE」でVIPランク、SVIPランクの顧客が利用できる。ラウンジスペースは、ルミネ運営施設では初となる。

 当面の営業時間は、物販店舗が平日10時~20時、 土日祝=11時~19時、飲食店舗は11時~22時(一部店舗により異なる)。

 JR横浜タワーは、「ニュウマン横浜」のほか、地下1階から地下3階に飲食や総菜店など61店舗が出店する「シアル横浜」、9スクリーン・1230席を備えるシネマコンプレックス「T・ジョイ 横浜」の複合施設。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?