天気予報

10

2

みん経トピックス

相鉄が100周年記念展横浜の短編映画館が閉館

大さん橋で「第4回横浜港大さん橋マルシェ」 岸壁を一般開放、海を眺めながらグルメが楽しめる

大さん橋で「第4回横浜港大さん橋マルシェ」 岸壁を一般開放、海を眺めながらグルメが楽しめる

横浜港大さん橋マルシェの様子

写真を拡大 地図を拡大

 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区海岸通1)山下公園側エプロンで12月2日と3日、「第4回横浜港大さん橋マルシェ」が開催される。

 県内をはじめ、日本各地の生産品や加工品、雑貨などを扱う店舗が出店。海を眺めながら買い物やグルメが楽しめる。主催は横浜港大さん橋マルシェ実行委員会。

 神奈川県産品ゾーン、横浜中央市場ゾーン、協賛ゾーン、PR・環境・物販ゾーン、地産地消飲食ゾーンなどに、約100店舗が出店する。

 出店は、ロイヤルウイング(横浜市)、横須賀ペリー黒船艦隊(横須賀市)、鎌倉五条(鎌倉市)、同發(横浜市)、ミューレックス(東京都)、内野商店(小田原市)、石井醸造(足柄上郡大井町)など。

 開催時間は各日11時~16時。入場無料。横浜市庁舎前と会場を走行する無料シャトルバスは10時30分~15時の間で運行する。

 また、3日には、大さん橋ホールで、総勢200人によるベートーヴェン「第九」などの演奏も行われる。13時開演。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

1974年創業の紅茶専門店「サモアール ジョイナス本店」で販売されている数量限定の「レインボーケーキ」(800円)が人気を集めている。7色の虹色のスポンジ生地にレモン風味のバタークリームを重ねたケーキで、SNSに多くの投稿を集めている。同店は、100種類のリーフティーと50種類のオリジナルアレンジティーをそろえる紅茶専門店。営業時間は11時~23時。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング