天気予報

26

19

みん経トピックス

横浜でベルギービールの祭典横浜都心部で清掃イベント

反町に器とギャラリーの店「ヨリフネ」 作り手の思い届ける

反町に器とギャラリーの店「ヨリフネ」 作り手の思い届ける

「ヨリフネ」店主の船寄真利さん

写真を拡大 地図を拡大

 東急東横線「反町」駅近くに5月20日、器とギャラリーの店「ヨリフネ」(神奈川区松本町3、TEL 045-321-5715)がオープンする。

船寄さんが全国各地からセレクトした磁器やガラス、木工などの器が並ぶ

 店主の船寄真利さんは、2015年2月から2017年4月までの約2年間、同エリアで古書・雑貨店「APT # 207」(神奈川区反町4)を運営。移転を機に店名を「ヨリフネ」とし、再出発する。

 約30平方メートルの店内では、磁器やガラス、木工などの器を中心とした生活雑貨や、オーガニックハーブティー、フレグランス類などを販売。ラインナップは、大谷哲也さん(信楽)の磁土をつかった食器や土鍋(2,160円~)、蠣崎マコトさん(香川)のガラスの器(3,240円~)、coguさん(北海道)の木工の食器(2,700円~)など。展示設備もそなえ、イラストや写真などの展覧会も控える。「食器と植物」など、ジャンルを掛け合わせたテーマで商品を提供する企画展や、テーブルコーディネートのワークショップ、トークイベントなども予定している。

 船寄さんは「それぞれの商品を、より魅力的に伝える空間になればと移転を決めた。今後は作家の展覧会も精力的に行い、作り手の思いも届けられる場所を目指したい」と話す。「自分にとって大切なものを見つけていただき、より長く大事に使ってほしい」とも。

 営業時間は12時~18時。火曜・水曜定休。企画展やイベントのスケジュールは同店インスタグラムページから。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング