天気予報

10

6

みん経トピックス

MMに横浜野村ビルが完成横浜で歴史的建造物保全討議

崎陽軒が「おべんとう春」限定発売 旬の食材を使い春らしさを演出

崎陽軒が「おべんとう春」限定発売 旬の食材を使い春らしさを演出

崎陽軒「おべんとう春」

写真を拡大 地図を拡大

 崎陽軒(横浜市西区高島2)は、季節限定商品「おべんとう春」を販売している。

 「おべんとう春」は、豊かな春の味わいが楽しめる同社の春季限定の弁当。春告げ魚といわれる鰆(サワラ)、筍(たけのこ)や菜の花といった旬の食材、甘味などを彩りよく詰め合わせた、春をイメージさせる弁当に仕上がっている。

 内容は、筍ごはん、鰆の幽庵焼き、花型海老真丈煮、ふき煮、いちょう切り筍煮、乱切り人参煮、乱切り蓮根煮、こんにゃくピリ辛煮、菜の花と筍姫皮(たけのこひめかわ)と玉子そぼろの和え物、昔ながらのシウマイ、玉子焼き、桜漬け、桜餡(あん)入り小粒大福。

 価格は700円。482キロカロリー。取扱店舗は神奈川・東京を中心とした約150店舗。販売は4月15日までの予定。

 崎陽軒広報・マーケティング部の金田祐輔さんは「旬の食材を使って春らしさを演出した、見た目の季節感にもこだわった春らしいお弁当で春を感じていただけたら」と話している。

 同社では、桜えびや筍を使用した「おいしさ長もち 桜えびシウマイ」(6個入640円)、塩漬けした桜の花びらと、ほのかなピンク色の桜花餡をつかった「横濱月餅 さくら」(1個160円)も期間限定販売している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜市は3月24日、「横浜市現市庁舎街区等活用事業実施方針」を発表した。対象地は現市庁舎街区(横浜市中区港町1丁目1番地ほか、敷地面積約16,400平方メートル)、港町民間街区(横浜市中区港町2丁目ほか、敷地面積約9,000平方メートル)、教育文化センター跡地(横浜市中区万代町1丁目1番地ほか、敷地面積約2,600平方メートル)。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

横浜でお花見するなら?

アクセスランキング