新型コロナ関連速報:市内43人/県内157人

フォトフラッシュ

サステナブル、本場で修業 「きじま」2代目

「日本料理きじま みなとみらい店」創業社長の息子で、事業戦略室長の杵島弘晃さんは、大学卒業後ニューヨークに渡り、「ファーム・トゥ・テーブル(農場から食卓へ)」という考え方などを現場で学んだ。帰国後、父で社長の正光さんと100年先の食の在り方について話し合い、「きじま」でのサステナブルな食の提供にたどり着いた。

  • 0

  •  

北仲ブリック&ホワイト(横浜市中区北仲通5)2階に6月に開業した和食料理店「日本料理きじまみなとみらい店」が、昔ながらの発酵調味料やサステナブルシーフードの使用、古い日本家屋の材を内装に活かすなど、食を通じた持続可能な取り組みを目指している。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース