見る・遊ぶ

石川町のアートスペース「と」で街を歩き「本・地図・映像」をつくるワークショップ

アートスペース「と」店内

アートスペース「と」店内

  •  
  •  

 JR石川町駅から西に伸びる「ひらがな商店街」にあるアートスペース「と」(横浜市中区石川町3)で10月13日から、街歩きをしながら本や地図や映像をつくるワークショップ「ひらかな商店街と旅しよう」が開かれる。

 ワークショップでは、コーディネーターたちと一緒に商店街周辺を「旅するように歩き」、それぞれの視点から見つけたことを「本」「地図」「映像」にしていく。完成した作品は12月22日から1月上旬まで「と」で展示・公開する。コーディネーターはデザイナーの阿部太一さん、編集者の友川綾子さん・大谷薫子さん、映像作家の深田隆之さん。映像づくりのワークショップは中高生が対象。

[広告]

 20日には「住み開き 家から始めるコミュニティ」(筑摩書房)の著者で「日常編集家」の肩書きも持つアサダワタルさんのスペシャルトークショーが行われ、「街」という場を新しく捉え直す実践などを紹介する。

 コーディネーターの阿部太一さんは「このワークショップのゴールは、目に見える技術の取得ではありません。対話をしながら街を歩き一緒に物をつくることで、参加者それぞれの生活のなかで自分のいる場所を再発見し、新たな創造性を喚起するきっかけになれば」と話す。

 ワークショップは全5回で、参加費は各4,500円(トークショー代含む。「映像」のみ全6回)。トークショーのみは1,000円。単発でのワークショップ参加も相談のうえ可能。先着順。申込み・詳細は公式ホームページで。

 「と」は2012年春に、かつて駄菓子屋だった古い店舗を、リニューアルしたアートスペースで絵本カフェとして営業している。リノベーションを手掛けたのは、地域に根ざしたアートリノベーションによる空間制作などの事業を展開しているアートユニット「nitehi works(似て非works)」(中区若葉町3)代表で美術作家の稲吉稔さんと、横浜で活動をしている画家の吉本伊織さん。

  「と」の店主はNPO法人「シャーロック ホームズ」代表も務める今井嘉江さん。「なにか『と』なにかをつなげたい」という思いでアートスペースを「と」と名付けた。現在、カフェでのギャラリー作品展のほか、フラダンスやパン作りなどの体験教室なども行っている。営業時間は、平日12時~18時。平日18時以降と土日はレンタルスペースとして貸し出している。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?