64台のスピーカーで64チャンネル音響ライブ-BankARTで開催

  •  
  •  

 ON-COOプロジェクト(音響空間研究会)は3月7日・8日、「BankART1929 Yokohama」(横浜市中区本町)で64チャンネルのスピーカーを使ったライブ「森のサカナ」を開催する。

 同イベントは、64チャンネル・マルチサウンドシステムといわれる新しい音響システムを利用したもので、通常の民生機材で多いものは5.1チャンネルのところ、世界初となる64チャンネルで音源を再生する。会場には64台のスピーカーを設置。横浜の音響メーカー「田口製作所」がデザイン・設計・製作を手がけたスピーカーで、音が360度の方向に届くのが特徴。ライブでは、音楽家の種子田郷さんや、作曲家で歌手のさとうじゅんこさん、映像作家のmichiさんらが映像を交えたパフォーマンスを披露する。

[広告]

 同プロジェクト担当者は「イベントを通じて多くの人々に音楽の空気感を感じてほしい。『音のシャワー』の中に身を置く心地良さに目覚めてもらえれば」と話す。

 開催時間は、7日=18時~、8日=14時~、18時~。入場料は、一般=2,500円、学生=2,000円、小学生=1,000円。

ON-COOプロジェクト森のサカナ田口製作所「振動スピーカー」のデザイン開発ワークショップ(ヨコハマ経済新聞)横浜創造拠点のアートNPOが新サウンドシステム国内初披露-デザインタイドで(ヨコハマ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?