新型コロナ関連速報:市内2075人・15施設で…

食べる 見る・遊ぶ 買う

横浜赤レンガ倉庫で台湾グルメ 「台湾祭 in 横浜赤レンガ2022」

  • 566

  •  

 台湾文化を体感できる「台湾祭 in 横浜赤レンガ2022」が、横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区新港1)イベント広場で7月30日~8月14日に開催される。

人気の大鶏排(ダージーパイ) 「台湾祭 in 横浜赤レンガ2022」

[広告]

 「365日の台湾夜市を日本で。」を目的として掲げ、台湾各地の「夜市グルメ」などの食を通じて台湾を体感し、日本と台湾交流の橋渡しとなることを目指して開催する。

 台湾で人気のマンゴーやパイナップル、緑豆、タピオカ、茹でピーナッツなどのトッピングができるかき氷や、牛肉麺のブースでは「台湾涼麺(タイワンリャンミェン)」を販売。希少価値の高い「ミルクパイナップル」を使用した「丸ごとパイナップルジュース」のほか、台湾名物の台湾カステラとパイナップルケーキの店の出店や、小籠包、大鶏排、牛肉麺、魯肉飯など台湾祭定番メニューのほか、「葱油餅(ツォンヨゥピン)」、「いかの姿唐揚げ」、「塩酥鶏(イエンスージー)」、「炸臭豆腐(ザーチョウドウフ)」「麺線(ミェンシェン)」、「地瓜球(ディーグァーチョウ)」など、台湾各地を代表する夜市屋台のグルメが味わえる。

 また、台湾鉄道弁当の「排骨飯(パイクーハン)」などの持ち帰りもできるグルメも用意する。台湾商材の物販ブースでは、台湾菓子、飲料、調味料、雑貨などをそろえる。ゲームコーナーでは、台湾夜市名物「釣蝦(エビ釣り)」を体験することができる。生きたエビを釣ると「焼きエビ」をプレゼントする。

 会場には、臺南市普濟文史研究協會の協力によりカラフルなランタンの装飾や、臺南市政府觀光旅遊局から臺南名物「サバヒー」の頭をイメージして作られたキャラクター「魚頭君」のマスコットも登場する。

 主催者は「台湾に訪れたことのない人も、何度も行っている人も、台湾へ行けない今、美食グルメを台湾現地の空気を感じさせる飲食スペースにて楽しんでいただけるイベント。開催期間中、ぜひ台湾の魅力を全身で感じてほしい」とコメントしている。

 会期は、7月30日~8月14日。入場料は大人=800円、小中学生=500円(パイナップルケーキ、台湾烏龍茶、オリジナルトートバッグ付)、全日入場チケットプラン=2,000円。チケットは7月22日から販売開始。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース