新型コロナ関連速報:市内8人/14人

暮らす・働く

ファンケルが横浜本社で「職域接種」 社員と家族にワクチン接種

  • 79

  •  

 ファンケル(横浜市中区山下町89)は、6月22日から新型コロナウイルス感染症ワクチンの職域接種を横浜市中区の本社で実施すると発表した。

[広告]

 接種対象はファンケルグループの従業員と関係者と同居家族(18歳以上)で、ワクチンの接種を希望する者。6月22日から8月1日までの期間のうち14日間実施する。接種1回目は22日~7月4日、2回目は7月19日~8月1日の期間の7日間で実施予定。家族などが接種しやすいように土曜と日曜にも接種を行う。

 1日あたりの接種人数は、約340人を想定。現時点で合計2,400人の接種を想定している。

 毎回、接種会場に医師2人、看護師5人、保健師5人、このほか運営スタッフ20人で対応する予定。医師は、接種前の予診、接種、接種後の経過観察などを行い、看護師は、接種と薬剤の充填などを行う予定。接種後は、医療従事者の立ち合いの下で15分以上の経過観察を行う。

 接種時や経過観察時は、就業時間とみなす。

 接種の実施は、同社のサステナビリティ方針の従業員の健康と安心安全を鑑み、国が推進している「職域接種」の実施を決め、職域接種の申請受付が開始された6月8日に政府に申請した。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース