新型コロナ関連速報24日:市内2200人を確認

見る・遊ぶ 暮らす・働く

「GREENROOM FESTIVAL'21」 横浜赤レンガ倉庫で2年ぶりの開催

  • 177

  •  

 音楽とアートのカルチャーフェスティバル「GREENROOM FESTIVAL(グリーンルーム フェスティバル) '21」が、5月22日・23日に横浜赤レンガ倉庫横浜市中区新港1)の野外特設会場で、2年ぶりに開催される。

23日はASIAN KUNG-FU GENERATION、Dragon Ash、ORIGINAL LOVE、PUFFYらが出演

[広告]

 イベントのコンセプトは「Save The Beach Save The Ocean」。音楽・アート・映像を通して海やビーチのライフスタイルとカルチャーを伝える。

 2005年に横浜港 大さん橋ホールで初開催。2010年に横浜赤レンガ倉庫に会場を移し、今回が16回目。横浜を代表する音楽フェスとして認知が高まってきた。

 出演アーティストは、26組。Nulbarichさん、SIRUPさん、ASIAN KUNG-FU GENERATIONさん、ORIGINAL LOVEさんなど、26組のバンドやシンガーソングライターがそろう。

 ステージは3ステージ、海側の「GOODWAVE」「BLUESKY」で1日5組ずつ、「PORT LOUNGE」では1日3組のプログラムを用意する。そのほか横浜赤レンガ倉庫2階の「ART supported by VANS」で、Yusuke Hanaiさん、Koji Toyodaさん、HI-DUTCHさんなど計16組がエキシビションを行なう。

 フェスティバルオーガナイザーの釜萢直起さんは「このFestivalを通して、Music と Art を通して、海やビーチのLifestyleとCultureを伝え、子どもたちに大切なビーチを残していきたい」とコメントしている。

 同イベントは、昨年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響から開催時期を5月から9月に延期すると発表したが、その後開催を断念した。今年は感染対策のため、ステージ数を減らし、入場者数の上限を5000人とし、20時までに終了することで開催にこぎつけた。

 入場料は1日券=12,000円、2日通し券=19,000円。事前予約で完売し、人数制限のため当日券は発売しない。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース