新型コロナ関連速報7日:18区別感染者数発表

食べる 買う

横浜魚市場とシェフが魚料理のレシピ集「LOVE&FISH」 横浜市場フェアも

横浜市中央市場

横浜市中央市場

  • 58

  •  

 横浜市中央卸売市場(横浜市神奈川区山内町)は、国産魚介類の生産者やNPO法人横浜ガストロノミ協議会(中区野毛町2)と連携して、国産魚介類を使用したレシピ集「LOVE&FISH」を発行した。

5月1日に横浜市中央卸売市場「水産仲卸棟」を一般開放

 シェフ考案の「家庭でも美味しく出来る魚料理」をコンセプトとし、ぶり・真鯛・サーモン・ほたて・まぐろの5種の魚を使った家庭でできる魚料理のレシピの他、国産魚介類のおいしさに迫るコラムを掲載し、国産魚介類の魅力情報を掲載している。

[広告]

 レシピ集は、横浜魚市場卸協同組合が中心となり、新型コロナウイルスの影響を受ける国内の水産事業者や飲食店を支援するために企画。8,000部を作成し、18区役所、観光案内所(横浜駅・桜木町駅・新横浜駅)、レシピ記載の店舗で配布している。横浜市のWEBサイトからもダウンロードができる。

 また、レシピ作成に合わせて、掲載の飲食店が期間限定でレシピに掲載されている料理などの特別メニューを提供する「横浜市場フェア」を開催している。レシピ集に掲載の生産者から横浜市中央卸売市場へ入荷された国産魚介類を使用して、横浜ガストロノミ協議会に参加する市内11店舗が参加している。

 実施店舗は、シェ・フルール横濱、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル イタリア料理「ラ ヴェラ」、ストラスヴァリウス、横浜ベイホテル東急 オールデイダイニング「カフェ トスカ」、レストラン ペタル ドゥ サクラ、ビストロ酒場 Marine Club、インターナショナル キュイジーヌ サブゼロ、Hitotsu、浜懐石 つねとら、崎陽軒 イルサッジオ、崎陽軒 嘉宮。

 主催は、横浜魚市場卸協同組合とNPO法人横浜ガストロノミ協議会。開催期間は5月9日まで。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース