新型コロナ関連速報:市内43人/県内157人

暮らす・働く

横浜市が高齢者へのワクチン接種の準備状況を発表 接種は4月12日から

  • 191

  •  

 横浜市は4月7日、新型コロナウイルスワクチン接種に向けた準備状況を発表した。市民へのワクチン接種は4月12日から、高齢者施設で行う「施設接種」を最初に開始する。

5月・6月の横浜市へのファイザー社製ワクチンの割当て

 4月に国から供給されるファイザー社製ワクチンは18箱(1箱975回接種分)で、高齢者施設に入所している方を対象として、介護老人保健施設(老健)と特別養護老人ホーム(特養)で接種を始める。

[広告]

 第1回目の実施時期は、4月12日の週=14施設・約2,700人、19日の週=17施設・約3,800人、26日の週=7施設・約1,600人、5月3日の週=1施設・約300人で、合計39施設(老健=26施設、特養=13施設)で約8,400人に接種する。2回目以降の接種は3週間後の予定。

 横浜市では、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の手法として、高齢者施設で行う「施設接種」のほか、市が設置する特設会場で行う「集団接種」、身近な病院・診療所等で行う「個別接種」の3つの手法で実施する。

 5月以降に開始する「集団接種」は、5月17日の週からの接種開始に向けて、4月中旬までに各区の接種会場を設営し、各会場でシミュレーションを実施するなどの準備を整える。

 「個別接種」は、市内約1,070カ所の医療機関(病院=約70、診療所=約1,000)で個別接種を実施する予定。接種医療機関については、5月中旬以降にホームページ等で発表する。

 高齢者向け接種に係る個別通知は、4月下旬から80歳以上(約29万人)と75歳以上(約19万人)、5月中旬から70歳以上(約24万人)、65歳以上(約20万人)に発送する。

 横浜市は3月に、ワクチン接種に関する問い合わせに対応するコールセンター(TEL 0120-045-070)を開設している。各年代の接種開始時期や接種会場など、接種のための全般的な相談に応じる。受付は9時から19時まで。土・日曜や休・祝日も対応する。聴覚障害者にはFAX(050-3588-7191)で問合せを受け付ける。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース