3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

横浜臨海部の移動ルート検索と決済サービス「my route@YOKOHAMA」オールトヨタが提供開始

「my route(マイルート)@YOKOHAMA」記者向け説明会の様子

「my route(マイルート)@YOKOHAMA」記者向け説明会の様子

  • 135

  •  

 神奈川県オールトヨタ販売店(神奈川トヨタ自動車・横浜トヨペット・トヨタカローラ神奈川・ネッツトヨタ神奈川他)は、スマートフォン向けマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)@YOKOHAMA」の提供を7月22日から横浜都心臨海部で開始した。

「my route@YOKOHAMA」のサービスイメージ図

 my routeは、街に存在する様々な移動手段を組み合わせた目的地までの最適なルートを検索できるサービス。アプリを通じて利用でき、予約や決済が必要な移動手段が含まれる場合はアプリ上から手配できる。

[広告]

 バスや電車などの公共交通機関のほか、横浜エリア特有の移動手段として水上バスや横浜ベイエリアの市営バス・地下鉄の1日乗車券「みなとぶらりチケット」なども含まれる。みなとぶらりチケットはこれまで紙媒体で販売されてきたが、7月23日からはデジタルチケットも提供され、アプリ上から購入できる。

 交通手段以外に、横浜のイベントスポットやテイクアウトができる店舗の情報もアプリ内に掲載する。目的地として設定すると、その場所までのルート検索も可能。無料Wi-Fiのリストや15か国語対応の防災マニュアルも掲載する。

 運営は神奈川県オールトヨタ販売店により共同設立された「アットヨコハマ」が行う。サービス開始にあたって行われた記者向け説明会で同社代表取締役の上野健彦さんは「元々3月にサービス開始予定だったが延期した。コロナ禍で移動に制限がかかる中で、安心して移動できる手段の情報を提供するのも私たちの役割ではないかと思っている」と話した。アプリ内では「密」を避ける交通手段としてバイクシェアの「baybike(ベイバイク)」なども検索対象に含まれる。

 また、レンタカー・カーシェアリングの事業者として、日産自動車が協力する。同社は「元々トヨタだけの取り組みにするつもりはなかった。日産さんの本社が横浜にあるということで声をかけたら、是非そういうことをやらなければならないと思っていたということでトントン拍子に進んだ。今後他の事業者との連携も進めていきたい」という。

 説明会では、アンバサダーである女優の釈ゆみ子さん、丸りおなさん、テーマソングを担当するダンスボーカルユニットBANQUETからのビデオメッセージ、テーマソング「たからもの」のMVも上映された。「たからもの」は横浜を舞台にした若い2人の恋物語を歌っており、歌詞の中にも横浜のスポットが登場する。

アプリはAndroidとiOSで提供され、無料でダウンロードできる。

 同サービスは、都心臨海部における、移動自体が楽しく感じられる多彩な交通サービスの導入を目的に、横浜市が2017(平成29)年度に実施した公募で採択された事業のひとつ。既に福岡市、北九州市、水俣市で展開されており、横浜市は4拠点目の実施エリアとなる。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?