天気予報

25

14

みん経トピックス

関内で#ライター交流会開催崎陽軒が110年

横浜市が「よこはま地域包括ケア計画」を策定 基本目標はポジティブ・エイジング

 横浜市健康福祉局は、第7期横浜市高齢者保健福祉・介護保険事業計画「よこはま地域包括ケア計画」(計画期間:2018年度から2020年度)を策定した。

 基本目標を「ポジティブ・エイジング」とし、「誰もが、いつまでも、どんなときも、自分らしくいられる『横浜型地域包括ケアシステム』を社会全体で紡ぐ」ことを掲げる。

 市は2000年から高齢者保健福祉事業に関する総合的な計画として「高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」を策定し、推進してきた。

 第6期計画(2015年から2017年)から「よこはま地域包括ケア計画」として、横浜型地域包括ケアシステムの構築を中長期的な視点で進めていくため、団塊の世代全員が75歳以上となる2025年を見据えて、目指すべき将来像や介護需要、必要な保険料の推計などを行っている。

 第7期計画は第6期計画の終了に伴い、高齢者に関する保健福祉事業や介護保険制度の円滑な実施のための総合的な計画として策定されたもの。市の高齢者保健福祉施策・介護保険事業を推進し、横浜型の地域包括ケアシステムの構築を目指す内容となっている。

 主な内容としては、介護・医療・介護予防・生活支援・住まい等の分野別の具体的かつ実効性のある施策や目標・指標、介護保険給付費の見込みや介護報酬改定の影響等を踏まえた第7期計画期間中の保険料の決定、横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた区行動指針の概要の掲載など。

 計画書と概要版はホームページから閲覧・ダウンロードが可能。計画書冊子(全215頁)は6月上旬から市役所1階市民情報センター「刊行物サービスコーナー」にて販売予定(価格未定)。概要版(全22頁)は6月上旬から市民情報センター、各区役所広報相談係などで配布予定(無料)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ホテルニューグランドが4月23日から「大人のお子様ランチ」を復活販売。開業90周年企画として、昨年夏に期間限定で販売した人気メニューを提供する。同ホテル発祥のシーフードドリアやスパゲッティ ナポリタン、伝統のハンバーグステーキなどの人気メニューを盛り合わせた一皿。シーフードドリアは、初代総料理長のサリー・ワイルがスイス人銀行家の「体調が優れないので、何か喉(のど)の通りの良いものを」というリクエストに応えて考案した即興メニュー。また、ナポリタンは、第二次世界大戦後、2代目総料理長の入江茂忠が連合軍米兵の軍用食からヒントを得てつくり出したメニュー。場所は本館1階コーヒーハウス「ザ・カフェ」(11時~20時30分ラストオーダー)。料金は3,700円(税金/サービス料別途)。提供は5月31日まで。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング