天気予報

15

12

みん経トピックス

横浜で二足歩行ロボット試合元町にタリーズの新業態店

横浜中華街に直径1メートルの「中秋大月餅」 300人に無料配布

横浜中華街に直径1メートルの「中秋大月餅」 300人に無料配布

直径1メートルの中秋大月餅

写真を拡大 地図を拡大

 ローズホテル横浜(横浜市中区山下町77)は中秋節の10月4日、直径1メートル、重さ約60キロの巨大月餅「中秋大月餅」を切り分け、先着300人に無料配布する。

 中秋大月餅は、重慶飯店の食品工場で職人が手づくりする約60キロの特大サイズの月餅で、黒あん42キロ、満月に見立てたアヒルの塩漬け卵8キロ、皮の生地10キロからなる。同企画は日本の十五夜にあたる「中秋節」にちなんだ行事で、中国で月餅を食べる風習がある中秋節にあわせて1994年から毎年開催されている。

 巨大月餅は1階ロビーで展示されており、展示期間中は宿泊券や食事券、中華菓子が当たる中秋大月餅クイズを実施。10月4日当日は、11時30分から1階ロビーで巨大月餅を切り分け先着300人に無料配布する。また、同ホテル1階の重慶飯店売店では、通常サイズの「豆沙蛋黄(トウサタンファン)大月餅」(700円)を限定販売している。

 ローズホテル横浜の矢野友子さんは「今年で24回目を迎える人気企画。大月餅は毎年切り分けを楽しみにしてくださる方も増え、SNSなどの影響で多くの方が足を運んでくださるようになった。横浜中華街全体で中秋節を盛り上げていけたら」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

泰生ポーチ(横浜市中区相生町2)で10月18日、政府や銀行などが介入せず、取引に関するデータが分散し、すべての人がデータを確認できる「ブロックチェーン」という情報技術についての勉強会「ブロックチェーンで会津の未来は変わりますか?~分散型台帳技術が地域・個人にもたらす変化とは?」が開催される。講師は会津若松市で実証実験を展開している会津大学准教授の藤井靖史さん。開催時間は19時~21時。参加費2,000円(ドリンク付)。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング