新型コロナ関連速報24日:市内98人・18区別…

食べる

福富町の老舗洋食店「レストラン タマガワ」が9月30日で閉店

店頭に張り出された貼り紙

店頭に張り出された貼り紙

  • 234

  •  

 福富町の老舗洋食店「レストラン タマガワ」(横浜市中区福富町仲通1)が9月30日、閉店する。

昭和22年創業の「レストラン タマガワ」店舗外観

[広告]

 「レストラン タマガワ」は、スパゲティナポリタンの発祥とされるホテルニューグランド初代総料理長サリー・ワイルさんの元で修行した初代店主・小澤健之助さんが、戦後すぐの1947年に調布の多摩川近くで創業した。3代目店主の小澤栄太郎さんが、その味を引き継いできた。

 同店の人気メニューは、トロトロの半熟卵にハヤシデミグラスソースがかかった「オムハヤシ」と、ナポリタンとカニコロッケがセットになった「ナポコロ」。オムライス、カレーライス、生姜焼き、ハンバーグ、メンチカツなどのメニューを提供し、昔ながらの下町の洋食屋として親しまれてきた。

 ナポリタンは、2.2ミリの極太麺を使い、トマトケチャップと、40年以上継ぎ足してきた秘伝のデミグラスソースでしっかりいため、具材にセロリを使っているのが特徴。ナポリタン愛好家の団体「日本ナポリタン学会」(田中健介会長)から2012年に、「こだわりを持つナポリタンを提供する店舗」として認定されている。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース