天気予報

10

6

みん経トピックス

黄金町映画祭でCO2削減も横浜に乗船可能な段ボール船

赤レンガ倉庫で「あいすくりん博」-全国のご当地アイス100種

赤レンガ倉庫で「あいすくりん博」-全国のご当地アイス100種

「レッド ブリック フェスティバル」イメージ

写真を拡大 地図を拡大

 横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区新港)はイベント広場で7月25日より、「食」をテーマにしたイベント「レッド ブリック フェスティバル」を開催する。約2週間にわり横浜発祥の食文化にちなみご当地アイスクリームを集めた「横濱あいすくりん博覧会」とビアカフェを展開。そのほか、サンバやサルサ大会も同時開催しイベントを盛り上げる。

 イベントの目玉となる「横濱あいすくりん博覧会」では、明治初期のアイスクリームを再現したタカナシ乳業の「できたて横濱馬車道あいす」をはじめ、「かにアイス」(北海道)、「牛タンアイス」(宮城県)、「ナゴヤコーチン手羽先アイス」(愛知県)などのユニークな商品を全国から約100種集め販売する。そのほか、トルコのアイス「ドンドルマ」などの実演販売やアイスクリームの歴史解説なども実施する。ビアカフェでは、施設内のダイニングレストラン「BEER NEXT」が屋外に特別出店。樽生ビール(500円)や、ピザ生地で具を包んだ「カルツォーネ」(350円)などを用意する。会場には120席を設ける。

 期間中に映像フェスティバル「ヨコハマEIZONE」やイタリアのオートバイ製造販売会社による商品展示「DUCATI(ドゥカティ)展示」、サルサライブ、サンバカーニバルなどが開催される。

 開催は8月10日まで。

横浜赤レンガ倉庫金沢フォーラスで「アイス博覧会」-5リットルのメガパフェも登場(金沢経済新聞)パンパシホテルに「アイスクリームタワー」-夏季限定メニュー(ヨコハマ経済新聞)アイスクリームの日に「横濱馬車道あいす」配布-馬車道商店街(ヨコハマ経済新聞)リノベーションでアート&ショップへ 甦る港の賑わい「赤レンガ倉庫」今昔(ヨコハマ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜市は3月24日、「横浜市現市庁舎街区等活用事業実施方針」を発表した。対象地は現市庁舎街区(横浜市中区港町1丁目1番地ほか、敷地面積約16,400平方メートル)、港町民間街区(横浜市中区港町2丁目ほか、敷地面積約9,000平方メートル)、教育文化センター跡地(横浜市中区万代町1丁目1番地ほか、敷地面積約2,600平方メートル)。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

横浜でお花見するなら?

アクセスランキング