フォトフラッシュ

おでんの具で季節感じて 野毛おでん

100年以上の歴史を持つおでん店「野毛おでん」(横浜市中区吉田町2)が2月1日、1日30食限定でランチタイムにおでん定食のテークアウトを始めた。できたてをすぐ食べてほしいとの思いから宅配はしていない。「小さい鍋で温め直すだけで味が変わってしまうから、弁当は熱いうちに食べてほしい」と希望を口にする。コロナ禍でおでんに込める思いは「体調を整えるには温かいものを食べるのが一番。火を通したものは体にいい」と話す。「クーラーや暖房で季節感が希薄になってきているが、冬はタラや白子、春先は菜の花や野菜と、季節感を持つことのできるおでんを届けたい」とも。

  • 0

  •  

100年以上の歴史を持つおでん店「野毛おでん」(横浜市中区吉田町2)が2月1日、1日30食限定でランチタイムにおでん定食のテークアウトを始めた。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース