新型コロナ関連速報5日:市1202人/県397…

フォトフラッシュ

野毛おでん 横浜大空襲や関東大震災を乗り越えて

100年以上の歴史を持つおでん店「野毛おでん」(横浜市中区吉田町2)が2月1日、1日30食限定でランチタイムにおでん定食のテークアウトを始めた。1903(明治36)年に蕪山鉄五郎さんが開業した同店は現在、4代目の蕪山武夫さんが店を継いでいる。武夫さんは1885(明治18年)開業の江戸前天ぷら店「銀座天國」で修業し、26歳から「野毛おでん」で働き続ける。おでんの黒色のつゆは父・雅志郎さんの代から65年ほど継ぎ足して味を守っている。砂糖もみりんも使わないこだわりを貫く。

  • 0

  •  

100年以上の歴史を持つおでん店「野毛おでん」(横浜市中区吉田町2)が2月1日、1日30食限定でランチタイムにおでん定食のテークアウトを始めた。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース