フォトフラッシュ

横浜展で日本初公開、フレディ・マーキュリー最後のツアーでのステージ衣装

横浜駅直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」(横浜市西区高島2)で現在、イギリスのロック・バンド「QUEEN(クイーン)」の軌跡をたどる展示「クイーン エキシビジョン ジャパン ~ボヘミアン ラプソディ~」が開催されている。2月14日には、「LIVE in JAPAN 2020」コーナーも登場。1月の来日コンサートで使ったメンバーのピックやドラム・スティックを展示。平日限定で、エキシビジョンシアターにて、フレディ最後のツアー「ライブ・アット・ウェンブリー」(1986年)と70年代後半の代表曲をフィーチャーした「ライヴ・アット・モントリオール」(1981年)の2作品を交互に上映する。開場時間は10時~21時(最終日は18時まで)。チケットは当日、大人=1,800円、学生=1,400円、小学生以下無料。3月22日まで。

  •  
  •  

横浜駅直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」(横浜市西区高島2)で現在、イギリスのロック・バンド「QUEEN(クイーン)」の軌跡をたどる展示「クイーン エキシビジョン ジャパン ~ボヘミアン ラプソディ~」が開催されている。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?