フォトフラッシュ

オーストラリア森林火災 野生動物保護の募金を横浜市動物園で

オーストラリアで2019年9月より多発化した森林火災では、多くの野生動物も被害を受けている。横浜市の動物園では、現地での野生動物保護活動を支援するための募金を受付中。野毛山動物園(横浜市西区老松町)、よこはま動物園ズーラシア(旭区)、金沢動物園(金沢区)の入園口付近などに募金箱を設置している。各動物園で飼育しているオーストラリアの動物は、アカカンガルー(ズーラシア29頭)、オオカンガルー(金沢動物園72頭)、オグロワラビー(野毛山動物園5頭)、コアラ(金沢動物園3頭)、エミュー(ズーラシア6羽)、アオバネワライカワセミ(金沢動物園8羽)。募金は、日本動物園水族館協会を通じてオーストラレーシア動物園水族館協会(ZAA)へ寄付される。(写真=野毛山動物園提供)

  •  
  •  

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?