フォトフラッシュ

Wi-Fi・電源付きの西武鉄道の新型通勤車両「40000 系」が完成 元町・中華街まで直通運転も

西武鉄道新型通勤車両「40000 系」が完成した。車両は、座席の向きが変わる「ロング・クロスシート転換車両」、中づり広告をなくし1両あたり12~16面のデジタルサイネージを設置。電源コンセントやWi-FI、トイレも備える。車いすやベビーカーでも安心・快適に利用できる「パートナーゾーン」を設置。空気を浄化する「プラズマクラスター」を搭載する。2017年春より、愛称を「進化したスマイルトレイン」として、土休日に西武鉄道西武秩父線~東京メトロ副都心線~東急東横線~横浜高速みなとみらい線に、平日に西武鉄道池袋線~東京メトロ有楽町線に有料の座席指定制直通列車として導入される。

  •  
  •  

みなとみらい地区のクリスマスの風物詩となっているオフィスビルの全館点灯が今年も実施される。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?