フォトフラッシュ

大さん橋に「コスタ・ビクトリア」が入港 記念セレモニーでプロドラムパフォーマンス集団「鼓和-core-」が演奏

大さん橋国際客船ターミナル屋上で5月3日16時から「コスタ・ビクトリア」横浜発着クルーズ開始記念セレモニー。プロドラムパフォーマンス集団「鼓和-core-」による演奏も。コスタ・ビクトリアは、イタリアの代表的な客船。吹き抜けのホールにはガラス張りのパノラマエレベーターを備え、船内にはカジノやシアター、ディスコ、プール、テニスコート、スパ、礼拝堂などの設備が整っている。総トン数は75,166トン、全長252.90メートル、全幅32.15メートル、乗客定員は2,394人。2012年10月に横浜に初入港した。出航予定は17時。

  •  
  •  

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区海岸通1)に10月3日、イタリア船籍の大型客船「Costa Victoria(コスタ・ビクトリア)」が初入港する。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?