食べる 買う

崎陽軒が「文豪ストレイドッグス」とコラボで「ひょうちゃん」菓子 ネーミング募集も

  •  
  •  

 崎陽軒(横浜市西区高島2)は5月2日、テレビアニメ「文豪ストレイドッグス」とのコラボ菓子の販売を開始した。

菓子のプリントは6種、限定コラボ缶にランダムに封入されている

 文豪ストレイドッグス武装探偵社のメンバーがデザインされた限定コラボ缶に、もちもちとした新食感の生地で、しっとりとなめらかな小豆あんを包んだ崎陽軒の公式キャラクター「ひょうちゃん」型の菓子が8個入っている。菓子には「文豪ストレイドッグス」ロゴ、国木田独歩「理想手帳」、太宰治「棒ネクタイ」、中島敦「虎の手」、「横浜ウォーカー」「ひょうちゃん」の全6柄がプリントされている。

[広告]

 販売数量は1,500個限定で、価格は1,080円。横浜駅を中心とした崎陽軒直営13店舗で販売している。期間は5月2日から6月5日まで。

 また、横浜市が協力して行われている文豪ストレイドッグスのスタンプラリーとも連動し、崎陽軒本店ショップにラリーポイントとしてスタンプを設置。ラリーでは、横浜市内12カ所に設置された文豪キャラスタンプを集めるとプレゼントがもらえる。

 連動企画として、期間中に、菓子のネーミングを募集している。9月に発売予定の「文豪ストレイドッグス」コラボ企画第2弾の商品名になる。投票はツイッターと応募フォームで受け付ける。

 文豪ストレイドッグスは、朝霧カフカ原作、春河35作画によるアクション漫画。中島敦、太宰治、芥川龍之介、与謝野晶子、泉鏡花、F・スコット・フィッツジェラルドといった文豪がキャラクター化され、「人間失格」「羅生門」「月下獣」など、それぞれのキャラクターに対応する異能力を使い、横浜を舞台に戦うという内容。2013年1月号よりKADOKAWAが発行する「ヤングエース」に連載中でコミックは累計250万部を突破した。4月よりtvk、TOKYO MXなどでテレビアニメが放送されている。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?